ケイ・ウノで2人だけのリングを作ろう|愛の証となる指輪

花とリング

職場でもつけれる

ハート

婚約指輪を貰ったらいつで身につけていたいと思いますが、職場でもつけて行くのが不安に感じる方もいるでしょう。大きいダイヤモンドや宝石が付いた指輪は確かに職場では目立ってしまいます。しかし、婚約している期間は限られているので職場でも臆することなくつけて行きましょう。どうしても気になる様であれば、仕事中は外してケースの中で保管するか、ネックレスなどに通して身につけておけば良いでしょう。

シンプルなデザインの婚約指輪なら、どんな場所にでもつけて行けます。せっかく貰った指輪をタンスの肥やしにしない様にしましょう。婚約指輪は結婚後にも使用することができます。欧米では、婚約指輪と結婚指輪を2つ重ねてつけつるが一般的です。重ねづけすると豪華さも出ます。冠婚葬祭の場でもつけて行くことができるのでオススメです。また、夫婦で出かける時につけると、お互いの気持ちを確認できる様だと喜ぶ方も多いです。

家事や化粧の際にはできるだけ婚約指輪を外しましょう。婚約指輪はプラチナやゴールドといった丈夫な素材で作られていますが、宝石や刻印の間に洗剤や化粧品の油分が溜まることがあります。細かな装飾だとふき取っても汚れが残り、劣化の原因になってしまうこともあります。いつまでも綺麗な状態を保ちたいのであれば、少し面倒ではありますがこまめに外すことをオススメします。指輪を外す際には、決まった場所に置く様にすればつけ忘れもなくなるでしょう。